viidleパブリッシャー規約

前書き

viidle(viidle.net)(第1条第1号に定義する)は、株式会社アドジャポン(以下、「当社」という)が提供するインターネット広告のメディエーション(仲介)サービスである。
パブリッシャーは、viidleを利用することを希望する場合は、当社が定めるviidleパブリッシャー規約(viidleパブリッシャー規約に付随するガイドライン等の条件を含むがこれらに限らない。以下、総称して「本規約」という)に同意する必要がある。
また、当社は、以下のURLに定めるプライバシーポリシーに従い、パブリッシャーの個人情報を取り扱う。

これらのポリシーは、本規約の一部を構成する。
パブリッシャーは、本サービスを利用する前に、本規約をしっかり読み、本サービスにおける登録を行うことで、本規約に拘束されることに合意する。
また、パブリッシャーは、本規約に同意する権限を許可されている者が登録しなければならないことを理解し、同意する。
なお、パブリッシャーは、パブリッシャーが本規約に同意しなければ、本サービスを利用することはできない。

第1条.(定義)

  1. viidle、viidle.net、本サービス

    「viidle」「viidle.net」とは、当社がインターネットを通じて提供する広告メディエーション(仲介)サービス及びこれらのネットワークをいう。(以下、「本サービス」という。)
    パブリッシャーは、本サービスを利用することで、当社が取り扱う広告(本条第4号に定義する)を、パブリッシャーのアプリ上の広告枠に配信し、表示することができる。

  2. 広告主、広告サービス提供者、広告主等

    広告主とは、商品やサービスを提供するウェブサイト又はアプリケーションを運営し、本サービスを利用し、当該広告主の広告をパブリッシャーのアプリ等上の広告枠に配信し、一定の条件を満たした場合に、当社に対して、その結果の対価を支払う個人、法人あるいは団体をさす。
    また、代理店とは、広告主との間で契約を行い、広告主に代わって、本サービスを通じて広告主アプリ等の広告を配信し、当社に対して対価を支払う個人、法人あるいは団体をいう。 広告配信サービス提供者とは、広告主と契約し、当該広告配信サービス提供者が管理し運営する広告配信サービス、及び本サービスを通じてアプリ上の広告枠に対し、広告を配信し、一定の条件を満たした場合に、当社に対して、その結果の対価を支払う個人、法人あるいは団体を指す。
    広告主及び広告配信サービス提供者を総称し、広告主等という。

  3. 広告主サイト、広告主アプリ、広告主アプリ等

    広告主が運営・管理するウェブサイトを広告主サイトといい、広告主が運営・管理するアプリケーションを広告主アプリといい、広告主サイト及び広告主アプリを総称して広告主アプリ等という。

  4. 広告

    広告とは、当社の配信システムにより配信される広告主等の広告及び広告内の広告主サイト又は広告主アプリへのハイパーリンクをいう。 広告は、動画、テキスト又はバナーを含み、広告主の運営・管理するサイトやアプリケーションによって生成されたものすべてを指す。

  5. パブリッシャー

    アプリ上の広告枠に広告の配信を受け、広告を表示し、ユーザーをして広告配信サービス提供者等の管理・運営する広告主アプリ等へ遷移させ(以下、「クリック」という。)、又はユーザーに対して動画による広告を表示し、当該広告が自動で再生され、又はユーザーによる再生の選択かどうかを問わず再生された瞬間(以下、「インプレッション」という。)に対して、その対価として当社より報酬を受け取ることを意図する個人、法人あるいは団体をいう。

  6. アプリ、広告枠

    パブリッシャーが運営・管理するアプリケーションソフトウェア(Apple Inc.が提供するオペレーションシステム又はGoogle Inc.が提供するオペレーションシステム用のアプリケーションソフトウェアに限る)であって、本サービスに登録したアプリケーションソフトウェアをアプリという。
    また、広告枠とは、アプリにおいて広告を表示するスペースをいう。

  7. ユーザー

    アプリを閲覧・利用する者を意味し、ボット、メタスパイダー、マクロプログラム又はインターネットにおいて使用されるその他の自動化された人為的手段を含まないものをいう。

  8. 報酬

    アプリ上に配信し、表示された広告を通じ、ユーザーが広告主や広告配信サービス提供者の定めた条件を満たした場合に、広告主等が当社に対して対価を支払い、当社がパブリッシャーに対して支払う対価を報酬という。

第2条.(登録の条件)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、当社が指定するウェブサイト上の登録画面におい て、当社が要求する情報を入力・提供し、本サービスの利用を申請する。 当社は、パブリッシャーが登録時に提供される情報に基づいて申請に対する承諾を行 うものとする。 当該承諾により、パブリッシャーは本サービスを利用することができる。
    1. 当該法人が適切なライセンスを取得し、又は、合法的に業務を遂行することを許可されている企業であること
    2. 過去に本サービスにおいて解約されていないこと
    3. 当社との間で礼節をわきまえた適切なコミュニケーションをはかれること(当社からの連絡に対し、合理的な期間内に返信を行うことを含む)
  2. 本サービスの利用を希望する者が個人(個人事業主を含む)である場合は、次の条件を満たしていることを表明し、保証する。なお、本サービスの利用を希望する者は、 パブリッシャーとしての登録完了前又は登録完了後に、当社から免許証等の資料を要求される場合があることを理解し、また、当該要求に応じなければならない
    1. 当該個人が18歳以上であること
    2. 過去に本サービスにおいて解約されていないこと
    3. 当社との間で礼節をわきまえた適切なコミュニケーションをはかれること(当社からの連絡に対し、合理的な期間内に返信を行うことを含む)

第3条. (登録の方法)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、当社が指定するウェブサイト上の登録画面において、当社が要求する情報を入力・提供し、本サービスの利用を申請する。 当社は、パブリッシャーが登録時に提供される情報に基づいて申請に対する承諾を行うものとする。
    当該承諾により、パブリッシャーは本サービスを利用することができる。
  2. パブリッシャーは、パブリッシャーによる虚偽の情報提供や行為が発覚した場合には、当社の独自の裁量と判断により当該パブリッシャーに対する本サービスの提供を終了することができることに同意する。
  3. パブリッシャーは、本サービスにおける登録情報を常に最新の情報に保つ義務を負い、パブリッシャーの登録情報の変更等により当社又は第三者に対して損害・被害等が発生した場合には、パブリッシャーがその全責任を負うことに同意する。

第4条. (ID、パスワードの管理)

  1. 当社は、パブリッシャーに対し、本サービスを利用するための ID 及びパスワード(以下「ID 等」という)を提供する
  2. パブリッシャーは、当該 ID 等がパブリッシャーのみに提供されているものであることを理解し、パブリッシャー自身の責任のもとに厳重に管理する責任を負う。
  3. パブリッシャーは、当該 ID 等の利用に関して損害が発生した場合(当該 ID 等を第三者に利用されたこと、又はパブリッシャーが当該 ID 等の管理を怠ったことによって損 害が発生した場合を含む)におけるすべての責任を負うことを承諾する。
    なお、パブリッシャーは、当該 ID 等を第三者に利用された場合において、当社が当該 第三者をパブリッシャーとして取り扱うことを理解し、これによってパブリッシャーに損害が生じた場合であっても当社は一切の責任を負わないことについて承諾する。

第5条. (アプリの登録)

  1. パブリッシャーは、本サービスを通じて広告の配信を受けるアプリを、当社が定める方法により、当社が要求する情報とともに、登録するための申請を行わなければなら ない。
  2. 当社は、前項に基づく登録申請に基づき、当社の独自の裁量と判断により、当該登録申請に対する審査を行い、承諾又は拒絶することができる。
  3. パブリッシャーは、当社により登録の承諾を得たアプリに対し、広告の配信を行うことができることを理解する。
    但し、パブリッシャーは、アプリ上の広告枠に広告を表示するため、当社の定める方 法に従い、必要な設定を行うものとする。
  4. パブリッシャーは、登録申請を行ったアプリおよび広告配信を行うアプリについて、次の条件を満たすことを表明し、保証する。
    1. アプリ(アプリに掲載されるバナー、アプリのユーザーが投稿した記事・音声・動画 等の情報を含む)に、次のコンテンツ(表現や内容を含む)が含まれていないこと
      • 過度にアダルトなもの
      • 暴力、虐待、人種差別に関するもの
      • 政治的主義、思想や宗教に関するもの
      • 当社を含む第三者の著作権その他の権利を侵害するもの
      • 広告主等が特に禁止するもの
      • 公序良俗違反又は適用法令に違反するもの
      • 当社が不適当と判断するもの
    2. アプリケーションを動作させるためのオペレーションシステム提供者(Apple Inc.又は Google Inc.を指す)が管理・運営するアプリケーションストアにおいて、登録申請時から本サービス利用期間中に広告配信を行っている間、継続して配信が認められていること
    3. アプリを通じて、適用法令(米国の COPPA を含む)で定められる13歳未満の個人情 報を収集していないこと。また、パブリッシャーは、当社に対して、13歳未満の子 供の個人情報を送信しないこと
    4. アプリケーションを利用する者(ユーザーを含み、以下、「利用者」とする)の許諾を 得ることなく、又は、利用者の認識するアプリの使用・利用・動作に必要な範囲を超 えて、端末から端末情報、個人情報その他の情報について読み取り・書き込み・受発信・取得等し、又は当該端末の設定の追加・変更等の操作・動作を行い、又は第三者 に開示等すること。また、これらに該当すると疑われること
    5. 当社は、パブリッシャーの登録申請に基づき、アプリについて承認を行った場合であっても、当社は、当該承認により、アプリに関する適法性、非侵害性、目的適合性等 の一切の保証を行わない。
    6. パブリッシャーは、当社がアプリに対する承認を行った後であっても、当社の独自の裁量と判断により、当該承認を取り消すことができることに同意する。

第6条. (当社が提供するサービス)

当社は、当社が開発し、管理・運営する配信システムに基づき、アプリ上の広告枠に対し て広告を配信し、また、本サービス提供のため広告のデータベース及びその他の設備の運 営、維持及び管理に必要な一切の業務を行う。

第7条. (確認事項)

パブリッシャーは、次の事項につき、理解し、同意する。

  1. 広告枠に配信される個別の広告の選択はできないこと。
  2. 報酬の算定基準については、当社の裁量によりアプリ毎に定めること。
  3. アプリに掲載する広告の報酬の単価については広告主等の裁量により定めることができること。
  4. 当社が、広告枠に配信すべき広告を当社の配信システムにて自動的に判別するために、個人を特定しない範囲で、ユーザーが利用するスマートフォン等の情報処理端末(以下、「端末」という)に関する端末機種情報、端末のイベント情報(広告識別子、ユーザーによるリクエスト情報、参照URL、URLスキーム情報を含むがこれに限らない)等 を取得すること。
    また、当社がこれらの情報を取得することにつき、パブリッシャーの責任においてプライバシーポリシー等に定め、ユーザーに対して周知を行うよう努めること。

第8条. (監視業務)

  1. 当社は、当社の裁量において、パブリッシャーが本規約に則り本サービスを利用しているか、また、本規約に違反する行為や禁止行為が行われていないかを監視する業務 (以下、「監視業務」という)を行う。
    但し、パブリッシャー側より監視業務の要求ができないことをパブリッシャーは理解する。
  2. 前項の監視業務により、当社の独自の判断において、本規約に違反する行為や禁止行 為、又は違反行為・禁止行為が発生する蓋然性が高い行為が発見された場合には、当 社は本サービスの全部・一部を停止し、又は本サービスの利用を終了させる権利を留保する。
  3. パブリッシャーは、本サービスの管理画面へアクセスし、日々のデータを確認する義 務を負い、誤ったデータや禁止行為、禁止行為の疑いがある行為を発見した場合には、 直ちに当社に報告するものとする。

第9条. (禁止行為)

  1. パブリッシャーは、直接的又は間接的に、パブリッシャー自身又は第三者をして、次の行為(以下、「禁止行為」という)を行ってはならない。
    1. 不正なクリック、インプレッション、ダウンロード(インストール)(以下、これらを総称して「不正なクリック等」という)の発生
      不正なクリック等とは、ユーザーの自然な活動によってアプリ上に配信された広告から発生したクリック、インプレッション、ダウンロード(インストール)ではないものをいう。不正なクリック等には、詐欺的な行動や次号に定める自動化したツールを利用等して発生した場合も含まれるが、これらに限らない。
    2. ボット等の自動化したツールを利用、配布、もしくは第三者に使用させること
      ボット等にはスパム、ロボット、マクロ、ウィルス、ワーム、スパイウェア、その他 の悪意あるコードやツールを含むが、これらに限らない。
    3. クリック、ダウンロード(インストール)の奨励・要求
      ユーザーに対し、広告のクリック、ダウンロード(インストール) を奨励し、又は要求すること
    4. 違法な目的での利用、及び違法な行為の奨励・推奨
      適用法令に違反する目的で本サービスを利用すること
      また、適用法令に違反する行為を奨励し、又は推奨すること
      これらの行為によって、当社、当社の広告主、その他の第三者に対して迷惑をかけることを含むが、これに限らない。
    5. リバースエンジニアリング等を行うこと
      当社が提供するシステム、技術等一切の物・サービスについて逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリングや不当に改造することを含むが、これに限らない。ただし、当社が許諾した場合は除く。
    6. 広告、著作権等の表示、技術、その他指定された条件の改変
      当社が配信する広告の改変、著作権や商標権等の知的財産権の表示、本サービスを通 じて知りうる技術やその他の当社が指定する条件を改ざん、改変し、又は削除することを含むが、これに限られない。
    7. 当社等のサービスの運営を妨げること
      当社又は広告主のサーバー及び広告主サイト等への不正アクセスや不適切な方法、若しくは許容範囲を超えた頻度による使用等、当社や広告主のサービスの運営に支障を与える行為を含むが、これに限らない。
    8. 本サービス類似サービス等の作成
      本サービス又は当社が提供する情報のいずれかへのアクセス、又はこれらの情報を使用、模倣、複製等することにより、本サービスの代替又は類似のサービスや製品を作成することを含むが、これに限らない。
    9. 本規約のほか、プライバシーポリシー及び広告配信サービス提供者の定める規約等に違反する行為
    10. 広告配信サービス提供者より要求、請求、クレーム等がなされるような行為
  2. パブリッシャーは、当社の独自の裁量と判断により禁止行為の有無が決定されること、及び当社がパブリッシャーに対する当社の判断内容や根拠の説明を行わないことを承諾する。
    また、パブリッシャーは、禁止行為によって生じた報酬を受け取る権利を有しないことを理解し、同意する。
    なお、当社による禁止行為の有無についての判断は、社会通念上合理的と認められる根拠に基づいて行われれば有効とみなされるものとし、パブリッシャーは、当該判断に対して何ら異議を述べることはできないものとする。
  3. 当社は、禁止行為の該当性が疑われるパブリッシャーに対して、当社が要請する資料や書類(サーバーのログファイルや本人確認のため必要な書類を含むがこれに限らない)を提出するよう求める権利を有し、パブリッシャーはこれに応じなければならない。
    また、当社は、必要に応じてパブリッシャーの管理画面へのログインの制限や本サービスの利用の一部又は全部を停止する権利、及び当社が必要な調査を完了するまで、パブリッシャーへの報酬の支払を停止する権利を留保する。
    この場合において、パブリッシャーその他第三者に生じたすべての損害に対して、当社は一切の責任を負わないものとし、パブリッシャーはこれを承諾する。

第10条. (報酬の計算)

  1. 当社は、当該月にパブリッシャーに生じた報酬を当該月末日締めで計算し、パブリッシャーに対し、締日より起算し10営業日までに本サービスの管理画面を通じて支払額を通知する。なお、パブリッシャ ーが管理画面を通じて取得するレポートと支払額に相違が発生した場合は、支払額の数字を正とする。
  2. パブリッシャーは、前項に基づく支払額に基づき、レポート上の数値に変更が生じる場合があることに同意する。
  3. 報酬の算定は当社の定める基準(為替レートを含む。)及び計測によって行われるものとし、パブリッシャーはこれに異議を申し立てないことに同意する。
  4. 営業日は、全て日本国内において適用される暦とする。
  5. すべての支払いの時間は日本標準時(JST)とする。
  6. トランザクションなどの時間は協定世界時(UTC)とする。

第11条. (報酬の支払い)

  1. パブリッシャーは、本サービスに基づく報酬の支払いについて、パブリッシャーに割り当てられる管理画面上より、支払方法(電子送金又はペイパル)を選択しなければ ならない。
  2. 当社は、毎月末日締めで計算した報酬を、翌月末日までに、パブリッシャーが指定した支払通貨及び金融機関口座に対し、電子送金又はペイパルにより振り込む方法で支 払う。
    電子送金又はペイパルにかかる振り込み送金手数料は、パブリッシャーが負担する。
    但し、当該月に生じた報酬が1万円又は300USドル未満である場合は、翌月に支払いを繰り越し、以後も同様とする。
    なお、繰り越した報酬に対して利息は生じない。
    疑義を避けるために付言すると、パブリッシャーは、ペイパルによる振込を選択した場合は、1回の送金において送金可能とされる金額に上限額があることを事前に理解しなければならない。1回に送金可能とされる金額は、ペイパルの単独の裁量と判断 により変更されるものであり、当社は一切の責任を負わない。
    すなわち、パブリッシャーが、ペイパルによる振込を選択した場合において、当該月に生じた報酬がペイパルの定める上限金額に達したとき、当社はペイパルの定める条件に従い、当該報酬を分割して支払いを行うことができる。
  3. 報酬の支払い日が金融機関の休日にあたる場合は、日本国内における暦に基づく前営業日を支払い日とする。
  4. パブリッシャーは、本サービスの登録時に報酬の支払い通貨を、日本円又はUSドルのいずれかから選択しなければならない。
    また、パブリッシャーは、本サービスの利用期間中、登録時に選択した支払通貨を変更することができないことを理解し、同意する。
  5. 本規約のもとでなされるあらゆる支払いに関して課されるすべての税及びその他の手数料は、パブリッシャーが負担するものとする。
  6. 広告配信サービス提供者がパブリッシャーへの報酬相当額の一部でも当社へ支払うことを滞らせた場合、当社は当該広告主からの全額の支払いがあるまで、当該報酬の支払いを受けうるパブリッシャーへの報酬支払いを停止することができる。
    この場合において、パブリッシャーその他第三者に生じたすべての損害に対して、当社は一切の責任を負わないものとし、パブリッシャーはこれを承諾する。
    なお、この場合、当社は当該広告配信サービス提供者に対し、報酬相当額の支払を督促する等、商業的合理的努力を払うが、義務を負うものではない。
  7. パブリッシャーの登録した口座情報の不備、又はペイパルの情報の不備により振り込みできない場合、組み戻し等にかかる所定の手数料はパブリッシャーが負担する。
    このような場合が生じたときは、パブリッシャーは速やかに口座情報又はペイパル情報の不備を解消しなければならない。
    当社は、パブリッシャーによって口座情報又はペイパル情報の不備が解消されない限り、パブリッシャーに対する報酬支払い債務を履行する責任を負わない。また、当該報酬に対して利息は生じない。
  8. パブリッシャーが本サービスに登録した名義人と、電子送金における口座名義人又はペイパルの名義人が異なる場合であっても、当社は、パブリッシャーが登録した電子 送金における口座名義人又はペイパルの名義人に対して支払いを行うことで、当社はパブリッシャーに対する支払債務を履行したものとみなされ、支払について免責される。
  9. 当社は、パブリッシャーに対して未払いの報酬が生じている場合において、当該パブ リッシャーが次の条件をすべて満たす時は、当該パブリッシャーは当該報酬請求権を放棄したものと見做し、当社の当該パブリッシャーに対する報酬支払い義務を免責され、パブリッシャーはこれに同意する。
    1. 当社が計測している最終ログイン日から2年間ログインがないこと
    2. 当社がパブリッシャーに対し、本サービス登録情報に基づき通知を行うこと
    3. 前号に基づく通知に対し、パブリッシャーが1週間以内に返信を行わないこと

第12条. (パブリッシャーによる法令遵守)

  1. パブリッシャーは、法令遵守に関し、以下を表明保証し、誓約する。
    1. 当社の要求に応じて提供するデータが、全ての法令や規則(個人情報保護法、CAN-SPAM 法、EU指令などを含む)を遵守すること
    2. パブリッシャーが管理し、又は取り扱うアプリケーションが、
      1. 第三者との間の全ての法律や契約条件を遵守し、プライバシーやデータ保護に関する全ての義務を充足していること
      2. 第三者の知的財産権、所有権又はその他の権利を侵害していないこと
    3. パブリッシャーが、以下の項目に同意したり、奨励したりしないこと
      1. 本サービスの正常な動作を妨害したりすること
      2. 詐欺的、違法な目的で本パブリッシャーサービスを利用すること
    4. 日本、及び米国の輸出管理法等に違反しないこと
  2. パブリッシャーがこの条項に違反した場合、当社は、責任を負うことなく本サービスの利用を終了させることができ、損害賠償請求等の措置をとることができる。
    また、当社は、義務を負うことなく、いつでもパブリッシャーに対する広告配信及び本サービスの提供を検討することについて権利を留保する。

第13条. (パブリッシャーによる表明保証)

パブリッシャーは、以下を表明保証し、誓約する。

  1. 本サービスを利用するために各アプリケーションの所有者に代わって行動する権限を有していること
  2. 本規約に基づく義務を履行するために必要な権限を維持していること
  3. 第三者の権利を侵害していないこと
  4. 適用法令を遵守すること
  5. 当社がユーザーデータを利用するために必要な同意、承認などを受けていること
  6. 本規約などの条件を遵守すること

第14条. (パブリッシャーにおけるプライバシーポリシー)

パブリッシャーは、個人情報保護法等の適用される法令・規則等のすべてを遵守する。
これは、当社又はパブリッシャーが、パブリッシャー媒体のユーザーからの情報収集を行うことに対して適用される法令・規則等を含むがこれに限らない。
パブリッシャーが、プライバシーポリシーやその他の方法により、パブリッシャー媒体のユーザーに対し、パブリッシャー媒体において行動ターゲティング広告をオプトアウトする方法を通知しなければならない。

第15条. (反社会的勢力の排除)

  1. 当社は、パブリッシャー又はパブリッシャーの役職員が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから 5 年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総 会屋等、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、その他それらに準ずる者のいずれかに該当する者(以下、「反社会的勢力」という。)であることが判明した場合は、何らの催告を要せず、本サービスの利用を終了させることができるものとする。
  2. 当社は、パブリッシャーが反社会的勢力と次のいずれかに該当する関係を有することが判明した場合には、何らの催告を要せず、本サービスの利用を終了させることができるものとする。
    1. 反社会的勢力が経営を支配していると認められるとき
    2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められるとき
    3. 当社はパブリッシャー自ら又は第三者の不正の利益を図り、又は第三者に損害を与えるなど、反社会的勢力を利用していると認められるとき
    4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供する等の関与をしていると認められるとき
    5. その他役員など又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき。
  3. 当社は、パブリッシャー自ら又は第三者を利用して次のいずれかに該当する行為をした場合は、何らの催告を要せず、本サービスの利用を終了させることができるものとする。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計又は威力を用いて信用を棄損し、又は業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  4. パブリッシャーは、パブリシャー自身が、反社会的勢力から不当要求又は業務妨害等の不当介入を受けた場合は、これを拒否するとともに、捜査機関への通報又は報告に必要な協力を行うものとする。
  5. 当社が本条各項に本サービスの利用を終了させられた場合、パブリッシャーに損害が生じたときであっても、なんら賠償ないし保証をすることを要しないものとする。また、本条各 項に基づき解除を行った当社において損害が発生した場合は、パブリッシャーはその損害を賠償するものとする。

第16条. (秘密保持)

  1. 本規約における秘密情報とは、有形無形を問わず、当社又はパブリッシャーが本サービスを通じて知り得た一切の情報(ビジネス情報、公開前の広告情報、広告単価等の情報、レポート情報、技術情報、財務情報を含むがこれに限らない)を意味する。
    本条において、秘密情報を開示する当事者を開示者、秘密情報の開示を受ける当事者を被開示者という。但し、以下の各号に該当することを証明できる情報は、個人情報を除き、秘密情報に含まれない。
    1. 開示者からの開示時に被開示者が既に保有していた情報
    2. 開示者からの開示時に既に公知であった情報(被開示者の責めに帰すべき事由によらずに公知となった情報を含む)
    3. 被開示者が正当な権原を有する第三者から、秘密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
    4. 被開示者が開示された秘密情報と関係なく、独自の開発により得た情報
    5. 開示者が、第三者に対する開示を書面で許可した情報
  2. 被開示者は、秘密情報を厳に秘密として保持し、本サービスを利用するために必要最小限の被開示者の役員又は従業員に対して開示できる。これらの者による違反は、被開示者の違反とみなす。
  3. 被開示者は、本規約で許諾された目的以外で使用してはならない。
  4. 当社は、裁判所若しくは警察その他行政機関の命令・捜査等があった場合又は裁判所・警察その他行政機関に対し、訴訟その他の手続上開示する必要性があると判断した場合は、前三項の規定にかかわらず、当社は、続上開示する必要性があると判断した場合は、前三項の規定にかかわらず、当社は、パブリッシャーへの通知を要することなく、秘密情報を開示することができるものとする。
  5. 当社は、当社の広告配信サービス提供者に対し、パブリッシャーに対して本サービスを提供する目的 で、パブリッシャーのアプリ名を公開することができ、パブリッシャーはこれを承諾する。
  6. この規定は、本サービス利用期間の満了又は終了後も存続する。
  7. 本サービス利用期間の満了又は終了により、被開示者は速やかに秘密情報を返却又は廃棄し、開示者に対して返却又は廃棄を証明する。

第17条. (本サービスのメンテナンス)

当社は、予告なく、いつでも本サービスのメンテナンスを実施することができる。
パブリッシャーは、当該メンテナンスによる本サービス停止に対し、異議を述べることはできず、当該メンテナンスにより被った損害について、当社その他第三者に対して、一切その賠償を請求できないことに同意する。

第18条. (本サービスの変更等)

当社は、いつでも、予告なく、本サービスの内容(本サービスのデザイン、機能などを含むがこれに限らない)を停止、変更、 修正、追加、削除することができるものとする。

第19条. (本サービスの免責)

  1. 当社は、明示黙示を問わず、本サービス、広告、コンテンツ等について一切の保証を否認する。
    当社は、本サービス、本サービスを通じて配信されるコンテンツ、広告、本サービスの機能について、現状有姿で提供し、明示・黙示を問わず、完全性、正確性、特定の目的への適合性、非侵害性、安全性、特定の報酬を獲得すること等を含むいかなる保証もしない。
  2. パブリッシャーは、当社が本サービス、本サービスを通じて表示する第三者の製品、 サービス、ツール等について提携を推進していないことを認識し、同意する。
    また、パブリッシャーは、当社が、これらの第三者の製品、サービス、ツール等の品質、精度、完全性、合法性、真実性、正確性、目的適合性、利用可能性等についていかなる保証もしない。
    パブリッシャーがこれらの第三者の製品、サービス、ツール等を利用する場合は、パブリッシャー単独の責任と判断により決定するものであり、当社は一切の責任を負わない。

第20条. (損害賠償)

  1. 当社は、当社が本契約の各条項に違反した場合、パブリッシャーに対して、当該違反により生じた損害を賠償する。但し、当社(当社の従業員等を含む)は、間接的、偶発的、懲罰的、特別的損害等について責任を負わない。なお、当社が本契約に関して負う賠償金額の上限は次のいずれか少ない方の金額とする。
    1. 5000ドル
    2. 当該違反行為が生じた日の属する月の直前6ヶ月間の間に当社がパブリッシャーに対して支払った報酬の合計額
  2. パブリッシャーは、パブリッシャーが本契約の各条項に違反した場合、当社に対して、当該違反により生じた一切の損害を賠償しなければならない。

第21条. (契約期間)

本サービスの利用期間は、パブリッシャーが本サービスに登録を行った日から1年間とする。
本サービスの利用期間終了日の30日前までに、当社又はパブリッシャーが相手方に対して、本サービスの利用を終了する旨の通知を行わない場合は、本サービスの利用は同一条件でさらに1年間自動的に更新されるものとし、以後も同様とする。

第22条. (本サービス利用の終了)

  1. 当社は、いつでも、理由なく、パブリッシャーに対する通知をすることなく、本サービスの利用の全部又は一部を終了することができる。
  2. パブリッシャーは、当社に対して 30 日前に通知することで、いつでも、理由なく、本サービスの利用を終了することができる。
  3. 本サービスの利用終了時に未払いの債務がある場合は、本規約の効力はその債務を履行するために存続する。
  4. 本サービスの利用終了時に、パブリッシャーは、本サービスの機能(機能の一部又は全部を問わない。)を盛り込んだアプリケーションの配布を中止する。

第23条. (解約)

  1. 当社は、パブリッシャーが次の各号のいずれかに該当する場合、当社の独自の判断と裁量により、パブリッシャーに対する事前の催告なくして、本サービスの利用を終了させることができる。
    1. パブリッシャーが本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. パブリッシャーが違法行為を行っているとみなされる場合
    3. パブリッシャーが禁止行為を行っているとみなされる場合
    4. パブリッシャーが宛のメールが3回以上届かない等の理由により、メールによる連絡が不可能と判断された場合
    5. パブリッシャーが死亡した場合
    6. 当社が、パブリッシャーにおいて、差押、仮差押、仮処分、強制執行、競売、滞納処分、破産、民事再生、会社更生、任意整理、清算手続、手形の不渡り等の手続きが開始された事実を知った場合その他、当社がパブリッシャーとして不適当と認めた場合
  2. 前項記載の理由に該当する事実が生じた場合又は前項記載の理由により解約となった場合、当社は当該パブリッシャーについて生じた報酬のうち、未払いの報酬を違約金等として没収し、また、支払いを一切拒否できるものとする。

第24条. (清算)

  1. 第 23 条の場合を除いて、パブリッシャーが本サービスの利用を終了した場合、本サービスの利用終了時点における未払いの報酬が1万円以上又は300USD以上のときは、当社はパブリッシャーに対し、パブリッシャーが指定した支払通貨をもって、未払いの報酬(但し、第 11 条の規定に従う)から振込手数料を控除した額を支払う。
    本契約終了時点における未払いの報酬が1万円未満または300USD未満のときは、 パブリッシャーは当該未払い報酬の請求権を喪失する。
  2. 前項の支払は、本サービスの利用終了の日が属する月の翌月末日に行うものとする。翌月末日が金融機関の休日に当たる場合は、翌月末日の前営業日とする
  3. 前項の支払いにおいて、当社が第 11 条のパブリッシャー指定口座への振込手続を行っ たにもかかわらず、振込みができなかった場合(口座情報の不備、あるいは住所不明、当社からのメールが送達されない等を含むが、これらに限らない)、当社は当該確定した報酬の残額の支払義務を免責されるものとする。
  4. 前各号をもって当社からパブリッシャーへの支払は終了するものとする。

第25条. (連絡・通知)

  1. パブリッシャーと当社の間の連絡は、原則として電子メール及び管理画面にて行われるものとする。また、パブリッシャーはこの連絡メールの受信を拒否できないものとする。
  2. 当社は、パブリッシャーに対し、サービス運営上必要な事務連絡及び業務案内などを郵送により行うことができるものとする。
  3. この契約のもとで与えられることになっている当社からの法的な通知又はその他の書面による通信はすべて、直接手渡し、書留郵便、ファクシミリ又は電子メールによって送るものとする。書面送達のためのパブリッシャーの住所、ファクシミリ番号、メールアドレスは、本サービスに登録されているパブリッシャーの登録情報とする。
    また、当社による通知は、次の通り送達されたものとみなす。
    1. 直接手渡す場合:手渡したとき
    2. 郵送による場合:通知を封入した封筒を郵政当局の管理下に引渡したときから24時間経過したとき
    3. ファクシミリによる場合:送信者のファクシミリ送信機器において送信完了となったときから24時間経過したとき
    4. 電子メールの場合:送信者において送信完了となったときから24時間を経過したとき
  4. 前項に基づく当社の送達を証明するには、次のことを証明することで足りる。
    1. 直接手渡す場合:手渡しが行われたこと
    2. 郵送による場合:適切な郵政当局に郵送料前払いの書留書簡として引き渡されたこと
    3. ファクシミリによる場合:パブリッシャーにより登録されたファクシミリ番号に送信されていること
    4. 電子メールの場合:パブリッシャーにより登録されたメールアドレスに送信されたこと

第26条. (不可抗力)

いずれの当事者も、本規約のもとでの履行遅滞、不履行が、火災、洪水、ストライキ、労働争議、暴動、侵略、戦争、地震、津波、又は当事者の合理的なコントロールを超えた他のあらゆる事由による場合には、その遅滞、不履行につき責任を負わない。

第27条. (権利譲渡の禁止)

パブリッシャーは、第三者に対し、本規約に基づく権利義務の全部又は一部を譲渡し、承継させ、又は担保の用に供してはならない。

第28条. (権利放棄)

当社が、本規約に基づくいずれかの権利を行使せず、又は行使を遅滞した場合であっても、当該権利を放棄したものとはみなされないものとする。

第29条. (分離・可分性)

  • 本規約のいかなる条項や条項の一部分が管轄権を有する裁判体により無効または執行不能となった場合にも、そのような無効または執行不能は本規約の他の条項に影響を及ぼさず、 本規約の他の条項は有効に存続する。
  • 本規約の条項の一部分が無効となった場合、当社とパブリッシャーが無効となった条項につき、協議のうえ、適法かつ有効である内容に変更し、当該条項を内容変更後の条項に置き換えるものとする。

第30条. (完全合意)

本規約に基づく合意は、当社とパブリッシャー間の完全かつ唯一の合意であり、書面若しくは口頭を問わず、明示若しくは黙示を問わずに行った、本規約に基づく契約締結前の当事者間の合意に優先する。

第31条. (規約の改訂)

  1. パブリッシャーは、当社が、当社の独自の単独の裁量により、予告なく、いつでも本規約を改訂できることに同意する。
  2. 前項に基づく改訂後の本規約は、本サービスのウェブサイトに提示された時点から効 力を有し、当社及びパブリッシャーの間の全ての関係に適用される。

第32条. (準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、解釈される。

第33条. (管轄)

本規約に関するクレーム、請求等のあらゆる紛争は、その訴額に応じ、東京簡易裁判 所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

2017年3月1日制定