一般的な質問

viidleの報酬モデルはなんですか?
viidleはCPM(Cost Per Mille)という課金モデルです。
どの広告フォーマットの取扱いがありますか?
広告フォーマットは動画リワード広告と動画インタースティシャル広告となります。
対応可能なプラットフォームはなんですか?
App StoreとGooglePlayに対応しています。
サポートする開発環境はなんですか?
iOS、Swift、Android (Java)、Unity、Cocos2d-xに対応しています。対応する環境は随時追加いたします。
広告配信を開始するまでの流れについて教えてほしい
①viidleアカウント作成
②登録情報の入力
③アプリ登録
④広告ユニットの作成
⑤SDKの取得・組込
⑥ストア申請
⑦配信開始
となります。事前審査がありませんので、⑤までは最短3分で実現できます。
広告を表示させるにはどうすればいいですか?タグでの配信は可能ですか?
viidleはSDK対応のみとなっております。広告を表示させるためには、viidleSDKをアプリに組み込んでください。広告フォーマットを複数用意したい場合は、新たにadunitを作成する必要があります。
iPhoneアプリ/Androidアプリを申請したいのですが、リリース前の事前審査は可能ですか?
はい、もちろん可能です。その際は、登録される予定のアプリ名などを記入してください。 ただし、ストアのURLが入力されていない状態でご利用できる期間は90日となっております。 90日以内に申請が完了したアプリのURLを入力してください。
viidleの利用料金を教えてください。
viidleメディエーションは基本無料でご利用いただく事が出来ます。ワンストップで複数の広告サービスをご利用いただくための運営費として、ご利用金額の10%を頂戴しております。
アドネットワークサービスとの接続はどのように行うのでしょうか?
利用するネットワークを選択していただければ、統合作業は全てviidleが行います。
広告枠をSDKに統合させるだけで準備が整います。
eCPMが低い、または下がってしまうのはなぜですか?
ユーザーの広告接触回数が多い、あるいはユーザーが広告を視聴する態度に移行する前に広告を見せている可能性があります。 どのように設定するべきかに迷った場合は、お気軽にお問い合わせください。viidleのサポートスタッフが適切なアドバイスをご提供いたします。
Windows Phoneには対応していますか?
申し訳ございません。viidleはWindows Phoneの対応は行っておりません。
どのタイミングから広告が配信されるようになりますか?
組込みが完了した時点で広告の掲載が開始されます。 もし、広告が表示されない場合は接続パートナーとの連携が完了していない可能性がありますので、お問い合わせフォームからご連絡下さい。
報酬については税務署に申告されますか?また、される場合個人情報の提示が行われますか?
申し訳ございませんが、当社でパブリッシャー様の報酬の税務署への申告は行っておりません。 必要な場合は、パブリッシャー様ご自身で申請を行って頂くことになります。
また、法令に基づき税務署から情報提出の要求があった場合は、正式書面入手の上、先方指定の情報を提出する場合があります。
どこで製品や技術サポートを受けられますか?
お問い合わせフォームからご連絡下さい。

支払・振込

最低振込金額はいくらですか?いつ支払われますか?
最低支払金額については、$300、もしくは1万円からとなります。最低支払金額に満たない場合は翌月に繰り越しになります。また、支払はJSTの月末締め、翌月末支払となります。(Net30日)
入金手数料はいくらですか?手数料は誰の負担ですか?
入金手数料は以下の通りです。手数料はアプリ運営者にご負担いただいております。
銀行名 支払金額 3万円以上 支払金額 3万円未満
三井住友
渋谷駅前支店
216円 108円
三井住友
その他支店
432円 216円
その他銀行 756円 540円
  • ゆうちょ銀行への送金は、”その他銀行”の扱いになります。
  • 振込エラーによる組戻し 648円(税込)
  • 海外口座の場合、手数料は25ドルとなります。
  • パブリッシングの収益はどのように支払われるのですか?
    振込、あるいはPaypalにてお支払いいたします。
    振込額が管理画面の金額とずれているようです。
    振込手数料を差し引いた金額が振り込まれます。 日本のパブリッシャー様の場合、管理画面に表示されている金額は税抜の金額となります。お振込の金額は税込で、さらに振込手数料を引いた金額にてお支払いをいたします。
    国内銀行情報が入力できません。
    取引通貨がドルとして選択された場合、支払方法は海外送金とPaypalの2種類に限ります。国内銀行入金をご希望するは、アカウントを新規に作成していただく必要がございます。

    管理画面

    管理画面の操作方法を教えてください。
    管理画面の操作マニュアルについてはリンク先をご参照ください。
    管理操作マニュアル
    管理画面からアプリを削除するには?
    お問い合わせフォームからご連絡下さい。
    レポートの日次処理時間はどこがベースになっていますか?
    viidleのシステムはUTC(JST-9)を使っています。
    SDKの実装後、レポート数値が管理画面に表示されるにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    管理画面上に数値が反映されるまでには3時間ほど時間が掛かります。 ただし、アプリ上の広告表示についてはリアルタイムで反映されますので、実機にてご確認ください。
    広告ユニットのステータスがしばらく「接続待ち」になっています。何日位待てばいいですか?
    接続パートナーとの連携は通常2-3営業日にて完了させていただいておりますが、登録が多い時期などそれよりいただく可能性がございます。ご不明点がございましたらお気兼ねなくお問い合わせください。
    管理画面の表示通貨は変更できますか?
    申し訳ございません。表示通貨・取引通貨は変更出来ません。別通貨を利用希望の場合、新規アカウントを作成する必要がございます。

    SDK

    viidle SDKはどこで取得できますか?
    ダッシュボードのDocsから取得が可能です。また、viidleサービスページからもファイルの取得が可能となっています。
    viidle SDKはどのような情報を収集しますか?
    詳しくはSDKアプリケーションプライバシーポリシーをご参照ください。
    SDKを導入せずに、スマートフォンアプリにviidle広告を表示することは出来ますか?
    申し訳ございません、viidleはSDKを導入していただかないと広告の掲載が行えません。 必ずSDKを該当アプリに組み込んでいただきますようお願い申し上げます。
    SDKを組み込んだのに広告が表示されないのはなぜですか?
    接続パートナーとの連携が完了していないか、viidle SDKが正常に機能していない可能性がございます。ご不明点がございましたらお気兼ねなくお問い合わせください。

    操作説明

    1.アプリの登録

    STEP. 1-1

    ホームページ上のログインボタンをクリックします。

    STEP. 1-2

    「組織を選択」をクリックし、会社名を選択してください。

    STEP. 1-3

    左下+ADDをクリックしアプリの登録へ進んでください。

    STEP. 1-4

    登録したいアプリのOSとストアのURLを選択します。

    STEP. 1-5

    もし、まだアプリがストアに上がってない場合は手動でアプリの登録も可能です。手動で入力された場合、一定期間を過ぎてもストア情報が更新されないと、広告配信が停止されますのでストアリリースが完了次第、アプリ情報の更新をお願い致します。

    STEP. 1-6

    ここでは、アプリに組み込むネットワークを選択します。接続が必要でないアドネットワークがあれば選択してください。

    2. 広告ユニットの作成

    STEP. 2-1

    Adunitを作成したいアプリを選択した後、サイドバー下部にある”+ADD”より、AD UNITをクリックし、必要な情報を入力してください。動画リワードの場合は、アプリ内でユーザーに付与する仮想通貨のポイント登録も必要になります。


    *リワード動画広告‐広告が表示される前に、ユーザーに再生の同意を得ます。動画の視聴が完了すると、ユーザーはアプリ内において利用可能な報酬を得ることができます。

    **インタースティシャル動画‐アプリの利用中に表示される全画面タイプの動画広告です。表示される広告を途中でスキップすることが可能な形式を取っていることが多いです。

    STEP. 2-2

    Ad unitの作成後、Ad unit単位での配信優先度設定が可能です。ここでは、国とネットワークごとに広告配信の優先度を設定します。

    まず、配信優先度を設定したい国を選択します。全ての国に対して適用したい場合は”Other countries”を選択してください。

    次に、優先させたいネットワークをManual controlボックス(画像の赤枠)内にドラックさせることで、広告リクエストが設定されたネットワークを経由して配信されるようになります。

    各項目の役割は以下の通りです。

    • 広告配信ステータス:選択した国への配信ステータスを変更します
    • Manual control:固定配信(優先順位はもっとも高くなります)
    • System Optimized Priority:収益の高いネットワークの自動最適化
    • Disable Ad Network:Ad Unitにおける配信の停止

    STEP. 2-3

    広告ユニットの作成が完了した後、SDKをアプリに組み込みましょう。アプリ名をクリックしてユニットIDがページに表示されるので、このIDを導入の際に指定してください。

    このページからエンジニアの方に招待メールを送ることも可能です。その他の導入ガイドについては、別資料を参照してください。

    アプリの広告ユニットを編集したい場合、アプリ名をクリックすると、アプリの詳細ページへ遷移できます。

    3. SDK導入

    ViidleのSDKファイルを取得したい場合は、広告ユニットページにあるアプリ名をクリックしてSDK導入画面をご確認ください。

    viidleSDKの導入後、実際にテスト配信で広告表示がされるかをご確認ください。テスト配信の確認後、問題がないことを確認したうえで、GooglePlay/AppStoreへの申請手続きへと進んでください。

    ストアでの審査が通過いたしましたら、viidleの高いCPMとフィルレートを通じた広告配信のスタートです!


    その他の操作についてご不明な点がある場合は、こちらのメールアドレスまでご連絡下さい。
    support@viidle.net

    上記で解決しなかった場合はお問い合わせください。

    さらに質問する